ホーム > 主な調査研究事業 > A-Dreams共同研究

多様な社会・技術に適応した浄水システムに関する研究(A-Dreams*共同研究)

*「A-Dreams(Aqua-Desirable,Reliable,Enhanced and Advanced Management System)
「望ましい、信頼性のある、そして、強化・高度化された水の管理」という「夢・理想(Dream)」に向かって取り組むプロジェクトを意味する。(呼称:エードリームス)

研究背景

現在、水道事業を取り巻く状況は気候変動・人口減少・施設老朽化・事業体財政力低下等の構造的な変化、また大規模災害の発生・水源生態系の変化・化学物質汚染等の不連続的変化等様々な変化が発生しており、大規模水道から簡易水道までそれぞれの地域特有の多様な課題やニーズに適応した浄水システムが求められる時代となりました。

 

研究概要

「将来を見据えたスマートな浄水システムに関する研究」

水道事業における多様な課題やニーズに対して、従来の技術に先進的な要素技術やシステムを融合させることにより、既存の浄水システムをスマートな浄水システムに進化させるための方策について提案を行います。

「将来を見据えた官民協業による技術レベルの維持・向上に関する研究」

前回の共同研究(A-Batons)で開発した浄水技術継承支援システム(A-Batons+:アクア-バトンプラス)のアップグレードを図るとともに、官民協業による技術レベルの維持向上のあり方について研究を行います。

 

研究体制

研究期間は2018年10月1日から2021年9月30日の3年間とします。
なお、2021年10月1日から2022年9月30日の1年間は成果普及活動期間とします。

 

研究体制

研究体制は次のとおりです。