ホーム > 浄水設備等に関する認定 > 紫外線照射装置JWRC技術審査基準改訂

紫外線照射装置JWRC技術審査基準の改訂等について

紫外線照射装置JWRC技術審査基準(UV-LED編)2017年版制定について(H30年2月)

水道用の紫外線照射装置について、各企業の依頼により、公益財団法人水道技術研究セン ターが定める技術審査基準に照らし合わせ、認定審査を行っています。

現行の審査は、平成20年に制定された
「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(低圧紫外線ランプ編)」
「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(中圧紫外線ランプ編)」
の両技術審査基準により行われてまいりました。

近年、新たな紫外線光源としてUV-LED(紫外線発光ダイオード)の開発が進展し、実用化の段階となっています。このことから、UV-LED光源を使用した紫外線照射装置の技術要件について検討を行ない、この度「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(UV-LED編)2017年版」を制定することといたしました。

【新基準】
 「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(UV-LED編)2017年版」

【制定】
平成30年2月

 

紫外線照射装置JWRC技術審査基準改訂のお知らせ(H24年6月)

水道用の紫外線照射装置について、各企業の依頼により、公益財団法人水道技術研究センターが定める技術審査基準に照らし合わせ、認定審査を行っています。

現行の審査は、平成20年から
「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(低圧紫外線ランプ編)平成20年1月10日」
「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(中圧紫外線ランプ編)平成20年8月1日」
に基づき行ってきました。

この間多数の認定依頼書を本技術審査基準により行ってきた経験と、新しい知見を含めた全体的な見直しを行い、さらに種々要望を盛り込むことで、より活用しやすい基準として構築するための検討を行った結果、「紫外線照射装置JWRC技術審査基準(改訂版)」を発行することといたしました。本基準が、水道関係者にさらに有効活用されるよう期待します。

【改訂基準】
 「紫外線照射装置JWRC技術審査基準」第1章 技術審査基準    リンク

【移行期間措置】
☆ 改訂基準の適用開始日 平成24年7月1日(第20回浄水技術支援小委員会)
☆ 現行基準の適用終了日 平成24年12月31日
※今年度申請(8月25日締め切り分、10月25日締め切り分)については、どちらの基準に従った内容の申請でも受け付け、審査を行いますが、混同した申請書とならないよう作成してください。また、現行基準により作成した申請書は、原則、審査終了まで現行基準の適用を受けることとします。