ホーム > e-Pipeプロジェクト成果概要 > 厚生労働科学研究費補助金による研究

持続可能な水道サービスのための管路技術に関する研究(e-Pipeプロジェクト)研究内容

厚生労働科学研究費補助金による研究

1.基幹水道施設の機能診断手法に関する研究

水道施設の多くは、1960年代から1970年代にかけて急速に整備が進められた。このときに集中的に整備された多くの施設は間もなく40〜50年以上が経過する。これらの老朽化しつつある施設を更新などによっていかに適切に機能の回復・改善を図るかは、日本の水道施設において大きな課題となっている。
このような背景から、水道技術研究センターでは、水道事業体を支援すべく管路や浄水施設等の水道施設の診断手法の開発を行ってきたが、従来の診断手法は、比較的実施難度が高く、また個別の水道施設ごとの評価手法のみであった。そこで、本研究では技術者や技術力が不足しがちな小規模都市においても簡便かつ合理的な施設評価を可能とする水道施設機能診断手法を開発した。(図1)本手法は、日常管理から得られるデータや経験を基に実施するものであり、特別な調査や高度な技術的計算を必要とせず、水道職員自身の手で簡便に実施できることが大きな特徴である。

機能診断の手順
図1 機能診断の手順

 

2.施設更新の優先度を考慮した地震による管路被害の予測等

兵庫県南部地震における水道施設の甚大な被害を契機に、水道施設における地震対策の重要性が再認識されることとなったが、この地震以後も各地で地震が頻発しており、その重要性はますます高まっている。本研究では、近年の地震(兵庫県南部地震・新潟県中越地震・新潟県中越沖地震)による管路被害を解析して、新たな地震被害予測手法を開発することを目的とした。
新たな地震被害予測手法を構築するに当たり、標準被害率に各要因の補正係数(表1)及び管路延長を掛けることによって被害件数を予測する手法を採用することとした。


標準被害率算出式
標準被害率算出式


地震による管路被害予測式
管路被害予測式

表1 予測式に用いる補正係数

補正係数