ホーム > 水道の基盤強化に資する管路の構築及び情報活用に関する研究(New Pipesプロジェクト)

New-Smartプロジェクト

研究背景

日本の水道は、人口減少に伴う水需要の低下、人手不足に伴う検針員確保の困難化、省エネルギー化への社会的要請など、様々な課題が一層顕著化することが予想されており、健全かつ安定的な水道サービスを持続していくためには、水道事業運営の効率化などに取り組む必要があります。 そこで、当センターでは、水道のスマート化が水道事業の課題解決等に貢献するものと考え、その取組の一環として、平成29年からスマート水道メーターの導入・促進に向けた研究「A-Smartプロジェクト」を産官学連携で進めてきました。
令和5年度からはNew-Smart(Next Era for Water-Sustainable,Manageable and Reliable Technology)プロジェクト」として、スマート水道メーターの普及・促進を加速させるためプロジェクトを発足しました。

 

研究概要

水道事業では、料金算定のために水道メーターを設置し、検針員の各戸訪問によって毎隔月または毎月の検針を実施しており、多くの時間と労力が費やされています。また、豪雪や離島などの難検針地域では、検針員の安全性確保や検針遅延の対策なども考えなければなりません。このような課題に対し、無線通信等を利用したスマート水道メーターであれば、検針業務の効率化だけでなく需要変動を含めた詳細データを取得できるため、日時使用量や料金確認ができるだけでなく、漏水の疑いや不使用等、水道の使用状況の異常を通知できることにともない利用者サービスの向上につながるなど、多くの効果を見込むことができます。これらのことから、水道事業が抱える様々な課題を解決する技術として、スマート水道メーターの普及・促進の取り組みの加速に繋げていきます。

 

研究内容

 

プロジェクト名 プロジェクト期間 成果目標
New-Smartプロジェクト 令和5年度から
令和7年度
■ハードウェア(チームH)
・メーターと通信装置の一体化及びボックス収納(自動開閉栓含む)に関する調査と整理
・各地の通信不良事例を収集し、事例・原因・対応策をまとめた事例集の作成

■ソフトウェア(チームS)
・スマート水道メーターから収集したデータの「水道への利活用」の検討と整理
・スマート水道メーターから収集したデータの「社会全体における利活用」の検討と整理

■共通事項
・成果報告書の作成

募集案内はこちら

 

A-Smartプロジェクトの研究内容

プロジェクト名 プロジェクト期間 成果目標
第1期A-Smartプロジェクト 平成29年度 「スマート水道メーター導入の手引き」の作成
上記、手引きの目次は  こちら(pdf形式)
購入手続きについては  こちら
第2期A-Smartプロジェクト 平成30年度から
令和元年度
■スマート水道メーター導入に係る仕様(骨子)の作成
■通信等の実証実験及び実証設備等の提案
■「A-Smartプロジェクト(スマート水道メーターの普及に向けて)成果報告書」の作成
上記、報告書の詳細は  こちら(pdf形式)
購入手続きについては  こちら
第3期A-Smartプロジェクト 令和2年度から
令和4年度
■共同検針等に関する取組事例を4つのフェーズ(側面)で整理
■データの利活用方策に対する効果と課題・留意点を整理
■メーターボックスの蓋材質の違いによる通信に関する検証
■「第3期A-Smartプロジェクト−水道のスマート化の実現に向けて−成果報告書」の作成
上記、報告書の詳細(概要版)は  こちら(pdf形式)
購入手続きについては  こちら

A-Smartプロジェクトの概要はこちら